人生ゆたかに暮らしたい!独身アラサー会社員のブログ。
断捨離・貯金・暮らしのあれこれ・美容・ファッション。
30代女性が毎日楽しく生きる方法。シンプルライフを目指しています。



えみLOGへようこそ!


近藤麻梨恵(こんまり)さんの「毎日がときめく片づけの魔法」を再読してから片づけ祭り開催中。

前回記事がこちら↓


こんまり流「片付け祭り」を開催する前にやるべき3つのこと




1.正しい順で「モノ別」に片づける


こんまりさんは正しい順番でかたづけることを提唱しています。
【正しい順番とは】
衣類→本類→書類→小物類→思い出の品
この順番で「モノを選びぬく作業」をしていくことで、「ときめき感度」をあげていくことができます。



ということで、まずは洋服の片づけ祭りを完了させました。


初めに言っちゃいます。
今までで、一番片づきました。



BEFORE

片づけ祭り前のクローゼット中身がこちら。

2017-11-03-11-23-12

洋服たちが窮屈そう・・・


2017-11-03-11-23-22

夏に一度断捨離したけど、冬ものアウター入れたらぎっしり。



 
2.衣類を一か所に集め、積み上げる

さあ。そんな洋服たちを全部出してしまおう。

2017-11-03-11-30-44


とにかく全部。シーズンオフも。

パジャマも。インナーも。靴下も。

家中にある衣類をひとつ残らず出しちゃいます!

一か所に積み上げると、衣類の多さにびっくり!
こんなにも衣類に時間もお金も消費していたのかと、気づかされる。
これがこんまりさんの狙いか。 
 

衣類を全部出したあとのクローゼット。

2017-11-03-11-29-43
壁がみえた(・∀・)



3.「触ったときにときめくかどうか」で判断する

断捨離は、いらないモノを捨てる・手離す。
だから、「まだ使えるかも」とか「まあいいか」でモノを残してしまう。


こんまり流「片づけ祭り」は、
ときめくモノを残していくこと。

モノをひとつひとつ手に取り、
手で触ったときにときめくかどうか。

ときめかなかったモノをすべて捨てていくと、持ちモノがすべてときめくものだけになります。 だから本当にお気に入りだけの少数精鋭になるんです。


AFTER

約半日かけて片づけ祭り完了。
Afterがこちら。

2017-11-03-15-00-36


比べてみるとこんな感じ。

before

2017-11-03-11-23-12

パッと見、代り映えないように見えますよね。
ハンガーにかけた洋服がBefore20着After12着になりました。

ハンガーにかけた分よりも、引き出しの中身がかなりスッキリ。

ルームウエア。
2017-11-03-14-58-52


薄手インナー。
2017-11-03-15-02-28

厚手トップス。
2017-11-03-15-02-15


靴下・スポーツウェア・ルームウエア
2017-11-03-14-58-57

Before撮り忘れてしまったけど、引き出し内はいつもモノがパンパンだった。
片づけ祭りのあとは、スカスカになりました。
ときめくモノを残していくと、残るモノって本当に少なかった。

消耗しすぎて毛羽立ちしていたユ〇クロの〇ート〇ックとか全捨てですよ。
ちゃんと手で触ると「もうコレ無理!着たくない!」とポイしてました。

洋服総数

〇片づけ祭り前 108

〇片づけ祭り後 60

〇片づけた洋服の数 48


これだけ捨てても60着はあるのねー。と思ったけど、インナーや靴下、スポーツウェアも含まれているから。
たとえば秋冬用トップスで7着、ボトムス着といった感じで過去最高にスッキリして気分もいいです!
これからもまた衣類を買うことはあっても、引き出しがパンパンになることはないだろうな。そう思います。


えみのひとこと:片づけ祭り前の洋服数が、まさかの煩悩の数






読んだよーの合図にポチっとしてもらえたら嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット